--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
05月24日(日)

アヒルと鴨のコインロッカー (中村義洋, 2007)

伊坂幸太郎も人気作家だというが、その作品は読んだことがない。しかし何の予備知識もなく、その原作を映画化した「アヒルと鴨のコインロッカー」をみて、とても感心した。機会があれば、この作者の作品を読んでみたいと思った。監督・脚本の中村義洋という人のこともまったく知らなかったが、すでに売れっ子らしい。今後注目していきたい。

 おそらく原作に負うところが大きいのだと思うが、最初はまったくなにがなんだかわからない、ナンセンスな展開にめんくらっていると、やがてそれらが注意深く張り巡らされた伏線だということがわかってくる。結局のところ、私はこういう伏線が多い映画が好きということなのかもしれない。後から考えると、いくらなんでも現実味がないと思われる展開もあるが、全体としてすごくうまくまとまっている佳品だと思う。

 
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。