--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月24日(金)

James L. Cambias, "Makeover", Nature 460, 428 (2009)

2009年7月16日号の Futures は、傑作だと思った先週のものよりもさらに良質かもしれない。アイディアといい、最後の軽い落ちといい、素晴らしい。英語もある程度状況が飲み込めてきてからは、すらすら読めた。

 ストーリーは、主人公が趣味の店でばったり鉄道模型の趣味が同じ友人と文字通りぶつかるところから始まる。その友人はなんと自分のコレクションを全部売り払ったところであった。それは彼が MatchScan を利用したからだと明かされる。MatchScan とは fMRI を使って、いろいろな女性を見たときの脳の反応を調べることで、相性の良いカップルをみつけだすというものである。その友人が弁護士でリッチであるのに、これまで女性関係がうまくいかなかったのは、鉄道模型の趣味のためであった。しかし、それなら、たとえ模型を売り払ったとしても、脳の中には鉄道模型への好みは残るはずではないか?実は、彼は「上級コース」を選んだのである。そこでは、NMT という技術を使って、脳が好ましくない嗜好に反応する傾向を抑えるように教育できるのであった。これによって、この友人は意気揚々と店をでていくが、ちょうどそこに入ってきた女性とぶつかりそうになる。その女性はちょっと彼のことが気になる様子であった。もし彼がもとのままだったら、共通の趣味をもつカップルのロマンスに発展したもしれなかったのに。。

 作中で、基本的なアイディアが「統計仕掛けのオレンジ」と同じであることが、それとなくほのめかされる。その表現の仕方も手練という感じで好ましく思えた。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。