--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月07日(土)

rpg, "Helpdesk", Nature 461, 1312 (2009)

2009年10月29日付け Nature 誌の Futures は、nature のニュースグループ (FIght the Futures) で絶賛されているようだが、正直言って、自分にはよくわからなかった。

 主人公のプログラマーは、気がつくと非常に不可解な環境の中で身動きの取れない状態に縛られている。エイリアンのようなものが近寄ってきて、テレパシーのようなもので話しかけられ、助けを求められる。見せてくれというと、TV 画面の前に連れて行かれ、そこには 0x0001000B .. のようなメッセージがでていた。エイリアンは「フリーズして、なにもできない」というようなことを訴えた、というあらすじ。最初の主人公のおかれている状況の描写がただごとではない感じ(難しい単語もたくさん)が、どうもエイリアンのトラブルは、windows の初期によくあったトラブルだったということのようだ。だが、mac user の自分にはまったく面白さが伝わらなかった。ユーモアのセンスは国によって違うということか??星一つ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。