--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月12日(木)

Jeff Hecht, "Clear proof", Nature 462, 126 (2009)

2009年11月5日付け Nature 誌 Futures は、一種のブラックユーモアなのだろうか。英語はすごく読み易かったが、今一つ面白みが伝わらなかった。

 Madeline Hou という女性教授がインターネットで常温核融合の実験を学生の前でやった結果を公開している。これまでの7回の実験では特に大きな変化が観測されず、彼女はその実験を常温核融合の失敗の最終証明と称している。しかし、8回目の実験では実験装置や記録がすべて破壊され、クレーターが残るほどのエネルギーが放出され、エネルギー省がネヴァダの実験場で実験をj繰り返すことを決めたという落ち。

 Nature の discussion group によると、日本人が実際に行った実験で、核融合反応ではないものの、大きな爆発が起こったことはあったのだそうだ。でもやっぱり面白いとは思えない。星二つ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

ありがとうございます

このNatureの事は気になっていたのですが、Natureを購読していないので中身がさっぱり分かりませんでした。記事にしていただいてありがとうございます。
ただ、それでもNatureの論旨が理解できません。これは何かを示唆するためのフィクション(創作物語)なのでしょうか。Natureというと、お堅い論文が中心だと思っていたので意外でした。

 

Re: ありがとうございます

コメントをありがとうございます。Nature 誌では、毎号1ページの SF ショートショートのようなものを掲載しており、今回のもその一つで、明らかにフィクションだと思います。ただ、今ひとつフィクションとして切れがないというか、読んで面白いとは思えませんでした。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。