--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月21日(土)

J.S.バッハ 平均律クラヴィーア曲集全曲演奏会 第二夜(S.シェプキン pf) (2009年11月20日)

バッハの平均律第2巻を一晩で全部演奏するというお得(?)な演奏会があったので、久しぶりにすみだトリフォリーホールまで出かけてみた。この企画は、以前 Martin Stadfeld が第一巻を弾いた演奏会とセットになっていて、そちらの方も行きたかったのだが、用事があって行くことができなかった。もっともStadfeldに関しては、以前トリフォニーホールでゴルトベルト変奏曲を弾くのを聴きにいったことがあり、そのため、今回宣伝のちらしが自宅に郵送されてきたのであった。

 さて、今回の演奏会だが、客の入りは半分を超えるぐらいだろうか。曲目が曲目だけに、致し方ないかもしれない。ピアニストも本当は若いのだと思うが、見かけはあまり若々しくも華々しくもない感じだし。しかし、その演奏は予想以上に素晴らしいものだった。この Sergey Schekin というロシア系アメリカ人のピアニストについては実はまったく知らなかったが、今後も注目していきたいと思った。

 ラフマニノフなども得意としているというだけあって、全体にロマンティックな演奏だと思った。テンポも時にはグールドより遅くとって、「慟哭のフーガ」をやったり、驚くような大伽藍を描いてみせたりで、本当に驚いてしまった。ただ、小曲の集まりなので、もっと聴かせてと思っても、次々に終わってしまうし、全体を通して、起承転結感を与えにくいという、このプログラム特有のハンディはあったが、中間から徐々に盛り上がらせていくような配慮も多少あったような気がする。とにかく、ライブで聴いたからかもしれないが、これまで録音で親しんできたグールドやリヒテルの演奏よりも、起伏に富み、まさに現代ピアノでバッハを聴く喜びにあふれた良い演奏だったと思う。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。