--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月05日(土)

Ruy Jose Valka Alves, "A letter from the past", Nature 462, 380 (2009)

2009年11月19日付け Nature 誌 Futures は、Charles Darwin の生誕200周年記念号にふさわしく、Darwin の Wallace への手紙という形をとっている。それによると、Darwin は夢の中で現代のシアトルに迷いこんでしまい、人々に狂人扱いされ、精神病院に送られる。Darwin は現代文明のさまざまな利器を見て驚くが、その後進性をみて、自分はむしろ過去の時代に迷い込んだと確信するに至るという筋書きであった。現代の研究者が何を出版するかではなく、どこに出版するかを気にするなど、現代科学や社会への皮肉がきいている。文章もとても読み易い。ただ、寓話としても、実際に Darwin がこの時代にタイムスリップしたとしたら、ここに書かれているような反応を示すとはとても思えず、感心されられるところまではいかなかった。読み易さを評価して、星三つというところか。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。