--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月27日(日)

Julian Tang, "Rejuvenation", Nature 462, 950 (2009)

2009年12月17日付け Nature 誌 Futures は、おなじみ Julian Tang によるもの。軽めのお話だが、前半の描写がいきいきしていたため、結構楽しめた。タイトルは「若返り」とか「再生」とかいう意味だそうだ(juvenile と語源は同じなのだろう)

 A級物理クラスでマーフィー先生が学生達を相手にホフマン渦について質問している。この質問の様子と、順番に答える学生の描写がうまく、読んでいて楽しい気分になった。ホフマン渦には若返り効果があることが微生物で証明されているが、それを人間レベルに応用するには、ジレリウムという元素を大量に合成する方法をみつけなければいけないことがわかる。そこにBenという学生が、ホフマン渦について、一般には知られていない新しい仮説を紹介する。授業はそこで終わりになり、先生はBenに少し残ってくれるよう頼む。実はBebは賞金稼ぎとして、Murphy(実は異星人でホフマン渦を使って時空を渡り歩いている)をずっと追ってきたのであった。Murphyは黒板の中に沈み込むように消え、Benもまたより優れた装置を使ってどこかの時空にジャンプするのであった。

 全体が映像的で、特にひねった結末や深いテーマがあるわけではないが、よく書けていると思う。星4つ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。