--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月31日(木)

父親たちの星条旗(Flags of Our Fathers, クリント・イーストウッド, 2006)

いまや名監督としての地位を確立しているイーストウッドの作品で、評判にもなっていたものなので、当然なのかもしれないが、実はセットで製作された「硫黄島の手紙」がいまひとつ心に残らなかったため、あまり期待しないで観てみたところ、びっくりするほど心に響いてきた。いろいろなことを感じたり考えさせられたりしたのだが、何が一番心に残ったのかというと、兵士達が帰国した後、祖国で国債を買わせるための宣伝キャンペーンにかり出され、たくさんの俗物に出会うのだが、それを声高に告発するというよりも、そうだろうな、実際にあの戦場にいないと、主人公達の気持ちは理解できないだろうな、と納得させるようなところがあったことか。たとえば、何の気もなしにインディアンを傷つけるような発言をする人がたくさんでてくるが、なるほど人の痛みにはなかなか想像が及ばないものだなと感じ入った。それからすごい物量作戦で迫るアメリカ軍をどうしても我々は日本軍側の目でみてしまい、絶望的な気分になるが、当のアメリカ軍側からみれば、それでもすごい恐怖だったのだろうなと感じた。また、当時の日本とはまったくレベルが違うものの、やはりアメリカも苦しい状況だったことがよくわかった。話は変わるが、いま「坂の上の雲」のドラマをテレビでやっているが、それで一番心に残るのは、軍部にひきずられて戦争に流れていく伊藤博文の苦悩である。日清戦争に勝ったから良かったようなものだが、負けていたら、太平洋戦争と同じような批判を浴びていたのだろうか。そもそもこのドラマは日新日露戦争を不可避のものととらえているのだろうか。もしあのとき、日本がこれらの戦争を起こさなかったら、今の日本はどうなっていたのだろうかと考え込んでしまう。この映画とあまり関係ないようだが、戦争を決断する人の立場までつい考えさせるような知的なところがこの映画にはあると思う。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。