--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月07日(木)

Ian Watson, "Divine diseases", Nature 462, 1088 (2009)

2009 年最後(12/24, 31号)の Nature 誌 Futures は、プロの SF 作家によるちょっと凝った作品と言えようか。病気の関係の言葉など、難しい単語が多くて、前半は特に閉口した。

 基本的なアイディアは、キリスト教の神はご自分の姿に似た形に人間をおつくりになったので、人間と同様の病気に悩まされるはずだというようなことか。最初の方は宇宙の創成や人類の歴史と並行した形で神の病気について語る。後半はミサにおける聖体拝領での秘跡(パンとワインがキリストの肉と血になる)が何百年も多くの信者によって行われ続けてきたために、キリストの体はどんどん肥満化していき、もはや地球上には尊厳をもって再降臨することができなくなり、地球のまわりをまわる新しい月となったとされる。最後のメッセージ Too Much Mass! は、質量を持ち過ぎたという意味と、ミサが多過ぎるという意味をかけているものと思われる。

 つまり、年末を締めくくるにふさわしい、壮大なユーモアともいうべきストーリーであった。まあ、こういう話はイスラム教では許されないだろうなという印象はうけた。もっと教養が深ければさらに楽しめたのかもしれない。完全に理解できたかどうか自信がないが、星3つとしておこうか。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。